<   2009年 06月 ( 1 )   > この月の画像一覧

 

脳死と生命

脳死が人の死であるとの法律が可決されました。

生き物は脳みそで考えて脳みそが筋肉やその他諸々の器官を制御しているから 脳が死んでしまったらその人は生きていない というのは一理あります。

ただ、脳みそも他の器官もすべて遺伝子から作られた細胞でしかないわけで、脳のほかの部分が生きていれば やはりその人は死んでいないのではないかな。。。と思う。

脳死判定された子供が何年も生き続ける、ということは、生きるために必要なことが満たされているわけで、脳が死んでるからといって、「生きている」細胞を他のDNAの細胞と一緒にしてしまって良いものだろうか。

生という観点では脳も他の器官も皆一緒ではないのかなぁ。。。 全てコト切れたらそれで「死」。
[PR]

by mono_rain | 2009-06-19 18:55 | その他