カテゴリ:その他( 57 )

 

詩の盗作疑惑

ばんど・ひとりからのトラックバックです。

 なっち某アイドルが詩を盗作したという記事は、今や巷間にあふれ返っていますが、
 私も、気になっていたことでもあるし、「ばんど・ひとり」で取り上げられたことと
 とあっては、やはりコメントせずにはいられなくなってしまいました。

 コトの詳細は、まとめサイトを参照してくださいね。

 今回のパクリは、強烈です。 何が強烈かというと、

   1) ほぼ(90%ぐらい)同じ。
   2) 複数の作詞家の複数の詩を同時にパクっている。
   3) 結構メジャーどころからパクっている。

 なかなか、すごいことです。 隠そうとかいう小細工無しのストレート勝負ですね。

 某アイドルが どういう心境で盗作したかというのが、なぜか目に浮かんできます。

   1) 詩が好きだ という某アイドルに詩集出版の話がある。
   2) 深く考えずにオファーに乗る
   3) ところが実際には、他人の詩を読むのは好きだけど、作るのは。。。。。
   4) 締め切り迫る
   5) 切羽詰まって、大好きな他人の詩を てにをは を変えて書いてみる。
   6) なにか自分が作ったような気がしてきた。
   7) きちんとワープロで打って自分の名前を書いてみる。 
   8) 何も起こらない(当たり前) ばれない気がする。 
   9) 量産開始!

   5) 6)の辺りで普通、良心の呵責が邪魔すはずですが、
   それほど締め切りが迫っていたのか。

   今回は、あまりにも似ているというか、「そのものの詩」が某アイドルの詩として
   この世に出現したわけですが、盗作されたほうも、ここまで同じだと、
   盗作というより、単なる無断借用みたいな気がしたのか、誰も
   「訴えてやる~」というような行動には出ていないようです。
   
   冷静に考えると、これだけ宣伝してもらって とてもハッピー! みたいな
   感じではないでしょうか。 
   
   私は、何故か「微笑ましい出来事」と捉えています。

   メロディのパクリだって結構スゴイですよ。 こっちの方が
   手が込んでいて性質が悪いですよ。

   某アイドルも、メロディパクリに倣って(ぱくり方もパクルのが真の猛者)、
   手の込んだことをやればよかったのにね。

    1) 似たようなシチュエーションのお気に入りの詩をいくつか用意する。
複数の詩を混ぜるのがキーポイントです。
    2) フレーズを細切れにする。
    3) 適当に並べ替える
    4) ここで てにをは と 接続詞 を変える

       更に、ここで調味料投入。 

         ・単語単位に、日本語→英語・仏語など外国語に変換
         ・主語、述語の順番入れ替え
         ・類似語に変換

    5) 韻を揃えて、
       お気に入りエッセンス入りオリジナルポエム完成!

     まぁ ここまでやったら、オリジナルと認めてもいいのかな。。。。
     どうせ わからないだろうし。。。
  
     それと、正攻法のやり方としては、

     シチュエーションは極力いじらずに、
     一人称←→三人称 に変えてしまうとか。

     考えるといろいろと面白いですね。

     私も、歌詞が出来ない などと嘆いていないで さっさと
     こうやって作ればいいのかな。

   いや いかん いかん。。

     何のために音楽をやるんだか。

     これでは、本末転倒ですね。


   
[PR]

by Mono_Rain | 2004-12-06 21:36 | その他  

久しぶりに自由に弾きました


 今日は、子供は塾、妻はお友達と食事。 ということで、夜になって一人きりとなりました。

 夜は、なにか落ち着いているし、20時ならば まだピアノを弾いても大丈夫です。

 ふらりとぴあのの前に座って、たくさん弾きました。 最近、スケール練習をさぼっていないので、なかなかよく指が動きます。 10曲ほど弾いて21時に終了!  昔は、毎日のようにこうして、適当に弾き倒していたなぁ と思いながら 焼酎のお湯割りを飲んでいます。

 やっぱり練習だけではだめだよね。 楽しまなくっちゃ。 って当たり前のことが新鮮に感じられる今日この頃です。。。 
 
[PR]

by Mono_Rain | 2004-11-27 21:36 | その他  

盲目・自閉症8歳少年の弾き語り

 昨日、TVで記憶力というテーマでいろんな人にスポットをあてた番組を放映していました。

 その中に、米国の少年、盲目で自閉症だけど音楽に関する記憶力抜群、の話がありました。 どれだけ記憶力がすごいのかを試すために、去年日本でヒットした「さくら」を2回だけ彼に聴かせて、1週間後に、弾き語りをしてもらいました。

 すると、CASIOの76鍵のカシオトーンを使って、歌詞もそっくりそのままで、弾き語りするではありませんか。 一緒に見ていた妻や子供は、その記憶力に驚いていましたが、私は、その歌とピアノ伴奏のノリの凄さにびっくりしてしまいました。 とても、感動的な歌でした。 思わず「スティービーワンダーじゃん!」って叫んでいました。

 自閉症で、盲目で、余計なことを考えず、ただただ音楽の美しさ、楽しさについてのみ頭をフル回転すると こんなに素晴らしい音楽になるのか。。。。 

 自分の浅薄な音楽への思いとか、打算に満ちた曲造りとか、もしかしたら、今の自分は、無駄なことをやっているのかもしれない。。という気持ちにもなりました。

 とにかく、久々に良い番組をみた気がします。 
[PR]

by Mono_Rain | 2004-11-25 22:15 | その他  

スケールばかり


 ここ数日は、スケールばかりやっています。 

  今日は、風邪気味で、頭痛がしているので スケールだけでも調子が悪いです。

  すぐに腕が疲れてくる。

  粒がなかなかそろわない。

  ミスタッチが多い。  などなど。

  こんな日は、スケールだけでもやっておくべし ですね。

  ***

   スケールを弾きながら 家族が見ていたTVを覗き見する。

  記憶力を高める薬が出来たらしい。

  とっさに、「いやなことが忘れられなくなる」と思った。 

  どこかで読んだことがある。 人間が平常でいられるのは

  いやなことをすぐ忘れるからだと。。。。

  私も最近、物忘れの自覚症状が出てきたが、まぁしょうがないかなと
  
  と思っています。 

   
[PR]

by Mono_Rain | 2004-11-23 22:53 | その他  

年末年始の音楽活動


  先週木曜日に仕事で久々に徹夜をして、どうもすっきりしない週末でした。

  昨日22日(月)は会社が休みで今日23日(祝日)は出勤です。


  今日会社に出てみたら、ドラムのエディが米国から帰ってきていました。

  今年はもう米国行きはないそうなので、年内、いろいろと曲作りの「実験」を

  していきたいと思います。 

  ドラムとピアノのDuoというのは珍しいですが、ドラムがリズムキープではなく
 
  ピアノの音に対して、「厚みを積み上げる」というアプローチをしてくれたら

  結構いい感じになるのではないかと思います。

  今晩にでも、部室(軽音楽部の部屋)で音出ししてみようかな。

 
  もうひとつ、昔の仲間から会社のアドレスにmailが入っていて、

  来年1月の京都「都雅都雅」でのライプについての問い合わせがありました。

  これは、どちらかというと内輪のパーティみたいなものなのでお気楽なやつです。

  60~70年代の洋楽ヒット曲ばかりをやるようです。  What's going on なんて

  いいなぁ。 こういう曲はピアノじゃなくてシンセPADを弾きたいですね。

  となると、シンセを持参しなくては。。。「手ぶらでライブ会場へ行って酒を飲む」

  という楽しみと演奏する楽しみとの天秤がけです。 演奏の楽しみに軍配があがるのは

  目に見えていますが。。。。。。
[PR]

by Mono_Rain | 2004-11-23 12:38 | その他  

日々のトレーニングについての おさらい


<理論の修得>

     ・ 習得ではなく修得であると。。。
     ・ 楽譜をとにかく書きまくることが絶対条件
       わからなくても、書いているうちに理解できる
     ・ 書いたものは弾けなければならない
       繰り返し書いて、繰り返し弾くしかない

    (1) 曲を決める = レッスンで次回までにやっていく曲

    (2) (1) の曲について

      ・ 4段譜を書く。  
 
         <おさらい>
            一段目  右手 メロディ
            二段目  スケール(呼び名
例えば D リディアン とか )

             二段目と三段目の間に コードネームを書く

            三段目  基本構造  ト音記号分 
            四段目  基本構造  ヘ音記号分

              基本構造は、メロディとコード進行をよく見て決めること。

     (3) (2) のスケールを両手で弾く。

         ・ 運指は、規則どおり厳密に! 楽譜に書き写す。
           D ドリアン なら レは 2 から。


    年内は これを やりまくろう! 
[PR]

by Mono_Rain | 2004-11-14 23:10 | その他  

もぅ4時か。。。。


 今日は、8月29日以来のレッスンだった。

 先生も、こんなドタキャン続きの生徒に 愛想つかさず

 快く(内心はどうかわかりませんが)教室に迎えていただきました。

 ありがとうございました。  また、頑張れそうです。

 **********************

 しかし、もうすぐ朝だ。 ヤバイ。。。。

 少し寝なくちゃ。。
[PR]

by Mono_Rain | 2004-11-14 04:15 | その他  

古館VS石原都知事



古館VS石原都知事

これおもしろかった。。。 古館さんって。。。。 凄腕釣り師なのかな。

 
[PR]

by Mono_Rain | 2004-11-13 00:11 | その他  

バンドの本質 / セッションの本質


 みっちーさんの ばんど・ひとりのトラックバック

  この記事に書いてあるバンドのデメリットについては、
  わかっているつもりでバンドをやっているはずが、
  やはり、最後には疲れてきてしまうものですね。 

   みちーさん says
  
   ばんどのデメリット equal

   ●マンネリ化
   ●音楽的発展の頭打ち
   ●人間的に嫌なところが見え隠れ
   ●バンド内恋愛の末、破綻。

  みっちーさんは、男女間の問題を
  「若輩バンド」の特筆すべき問題としていますが、おじさん・おばさんバンドでも
  オス・メスには変わらないわけで。。。。 若輩者よりもっとドロドロしたもの
  を醸し出します。
  
   まさに、みっちーさんの言うとおりの諸問題で疲れて、今年の一月に3年間続いていた
   バンドをやめました。  これまで、いくつもバンドに加入してはやめて。。を繰り返して
   きましたが、だいたい、みんな同じような経緯で空中分解していきますね。 

   ただ、やめたらやめたで、しばらくすると 慣れたた者同士の安心感一杯の
   グルーヴ(それが聴いている人にとって気持ちよいかは別として)感がとても
   懐かしくなりました。 

   やっぱり、バンドやりたいなぁと思う今日この頃です。

   ただ、同じ失敗はするものか! と考えると どうしたら良いか まだ
   よくわかっていません。

    ****

   みっちーさんは、セッションが一番! とお書きになっています。
   セッションについては、 これまた いろいろと思うところがあるので
   明日にでも 頭を整理してみようかなと思います。
    
[PR]

by Mono_Rain | 2004-11-11 23:35 | その他  

今日はひたすらBlues


 今日も、22:30からハノン12keyのあと、blues hannonと課題曲を練習してから

 Blues用の右手トレーニングをした。

 左手は、C-E-G-A-Bb-A-G-E を単音で繰り返すだけ。

 右手は、EとBbとか GとE とかのトリルを延々とやる。

 案の定、とにかく右手は すぐに疲れて駄目になりました。

 そこでやめずに、トリルの回数をガクンとへらして(16分音符ぐらいまで)

 ひたすら続けました。  今の状態では、Bluesは弾けないなぁ というのが

 正直な感想です。 早く、運動機能を回復させないといけません。 

 毎日やっていれば、今月末にはなんとかなるだろうという気はしています。

 ***

  何故、ここまで衰えてしまっているのかというと、今年に入ってからは

 リズムばかりに気をとられて、機械的なトレーニングをまったくしていなかった

  ということに尽きます。 

  ***

  心地よい 筋肉の疲労を感じながら練習するのってやはりイイなぁ 

  という気がしました。
[PR]

by Mono_Rain | 2004-11-10 23:30 | その他