2005年 02月 08日 ( 3 )

 

青森大学で新たなビジネスチャンス!

息抜きなさし出口さんCOREDUMPさんからのトラックバック

  青森大で携帯電話とWEBを使って出欠確認! 代返阻止へ!

これは、おもしろい! と思いました。

  今回の発表は みなさんに さんざん悪態をつかれていますが。。。。。

  システムとしては、恐らくこんな感じだと思います。

    ① 学生毎に 携帯電話の番号(恐らくメアド)を登録。
    ② 授業開始と同時に教授が 暗証番号を口頭で発表。
    ③ 学生は一斉に携帯電話で指定されたWEBにアクセスし、
       暗証番号をインプットする。
       これにて出席として登録。

    まぁ携帯電話を渡せば堂々と代返が出来るという致命的な欠陥はありますが、これとて、わざわざ携帯を渡さないと代返できない ということを考えれば抑止効果はなかなかのものだと思います。 むしろ、一斉に携帯からアクセスするので、アクセスポイントが足りなくなるという問題と、サーバが一時的に過負荷になるという問題をどのようにクリアしているのか気になるところです。 まさか、なにも考えていないということではないですよね。。。。

     大学が こんな子供だましのシステムを導入しようということになった背景は、学生があまりにも勉強しないという実態があります。  ちらっとTV番組で見たのですが ある国立大学だったですが ひどいものでした。 こういう現状ならば、こんなことをしたくなるのもわかるような気がします。 

     巷では、出席しないのは「授業がおもしろくないから」とかいろいろ言われていますが、学生の本分は 学業であって、それを理由に授業に出ないというのは世の中的に通用しません。 おもしろくない授業ならば、授業に出た上で 大学に文句を言うべきですね。 それでもつまらないのなら、別の大学に行くか、我慢して授業を受けるかのどちらかです。 まぁ、教える側の問題もかなり大きいとは思いますが。。。。 それに私も欠席の方が多かったので人のことは言えないのですが、社会人暦ン十年で反省したということでお許しください。 エラそうにいってスミマセン。

      さて、本題の新ビジネスですが、

   代返ビジネスです。 代返屋は昔からいましたが、一人の客につき一人の代返屋が必要なのであまり おいしい商売ではありませんでした。 

   そこで、青森大です。 出欠をシステム化してくれました。 ならば、代返屋稼業もシステム化=大規模化できるというものです。

   ビジネス案  サーバ公開

     ① 各教室に 「社員」を配置し待機させる。 
     ② 教授の言った暗証番号を 社員がサーバ上の画面にすぐさま登録する。
     ③ 契約を結んだ学生には、画面に入るパスワードを渡しておく。
        画面は、単位コース別に別れている。
     ④ 出欠の時間がきたら、契約した学生は 任意の場所から その画面に
        アクセスして待つ。 
     ⑤ 教室の社員から 暗証番号が打ち込まれたら、それをみて、自分の携帯から
        出席の登録を行う。

        サーバ使用料を一ヶ月1000円ぐらいとる。 教室の社員は、アルバイト。

        100人で月10万円か。。。。 青森大ぐらいの規模だと100人もいたら
        バレバレですね。 

        日大のようなマンモス大だと結構おいしいかもしれませんが、そんな大学はこんなアホなシステムは使いませんのでチャンスなしです。

        せいぜい青森大で2~30人顧客を集めて小遣い稼ぎぐらいか。。。。


<大学関係者のみなさんへ>

   こんな子供だましのシステムではなくて、本人確認の方法なんていくらでもあるのだからお金をかけてやりましょう!  例えば指紋認証とか。 静脈認証とか。 教室の出入り口を認証システムのゲートのみにしてしまえば代返は不可能です。

  少子化の時代、このような設備投資はとてもしんどいと思いますが、これをやって、きちんと勉強した学生を輩出していけば、本当に勉強したい学生が集まってくるし、長期的にみたら儲かる投資になるのではないでしょうか。 もちろん、講義の質の向上も忘れずに!
[PR]

by mono_rain | 2005-02-08 19:40 | その他  

またパトカーで受検会場へ 今回はやるべきでなかったかも。

情緒背景放射さんからのトラックバックです。

  一昨年だったかよく憶えていないですが、房総線の快速に間違えて乗った高校受験?の女の子が 泣いているのを見て、周りの乗客が大混雑の車内をリレーして車掌に伝えて、JRの判断で止まる予定のない駅に停車させて 無事受検できました! という美談が報じられて以来、受検シーズンになるとこの手の話題に事欠きません。 

  今年も、何件か既に報じられていて、塾や予備校の受検対策の一つとして受験生に教えているのではないかと勘繰ってしまいます。

  さて、今回のケースは、

   乗っていたバスが事故を起こして 開始時刻にとても間に合いそうもなかったので、本人が現場検証の警察に泣きついて警察が よっしゃぁまかしとき~ と言ったかどうかは知りませんが、パトカーでサイレン付きで会場まで送り届けたという美談です。

  いままでのケースでは、「乗り間違えた」とか「場所を間違えた」とか、要は本人がアホなだけで、ほっといても良いのに 公共の交通機関が他人の迷惑も顧みずに特別措置を講じた というのがほとんどです。

 今回は、本人に非がまったくないケースです。 だから警察が送ってもOKかな? という見方が大勢のようです。 
 
   でも、なにかモヤモヤした気分になってしまいますね。

    本人がアホだった場合は、そんな状況を機転をきかせてワザワザ救ってあげるというのは、道徳上からも納得がいくような気がします。 もちろん、自分がアホなわけで、頼んで断られても文句言えないわけです。 だからこそ、救ってくれた場合は、本人にとってとても貴重な体験となると思いますし、これがニュースになったところで、パトカー利用を当たり前と思う風潮も生まれないでしょう。
 
    逆に、今回のような場合はどうでしょうか。 

   本人には非がない = パトカーで会場までGo! という図式が成立します。

    こうなると、本人に非がない場合はパトカー利用OK という方程式となって社会に蔓延していきます。 本人に非がないわけですから、本人は結構堂々と乗れるわけです。 すると、それを見ていた人は、次に自分がそんな状況に陥った場合は、「当然乗れるんでしょ」という気持ちになります。 

    世の中、本人に非が無くてもうまくいかないことはたくさんあります。 そんなときに、当然の如くパトカーを呼ぶ(110番する)ということが普通に行われて、それを断ると逆切れする人が続出するような。。。。 

    たとえば、同じように、乗っていたバスが別の事故の渋滞で大幅に遅れて 開始時間に遅れそうになった。 こんなことはしょっちゅうあることだと思いますが、これも本人に非があるわけではなく、早速バスの中から、受験生が一斉に110番なんてことにならないのでしょうか? 

    大切なことは、今回のケースのように自分に非が無くて遅れる場合には、たいていの場合、時間を遅らせて受検出来るとかの救済措置がある ということです。

    だから、今回の受験生が とるべき道筋は、

     1) 乗っていたバスが事故にあって開始時間に間に合いそうにない 
        ことを受検会場に連絡し、どう対応すれば良いか判断を仰ぐ。
        必要ならば、現場にいる警察官に電話口に出てもらい状況を説明
        してもらう。
     2) 学校側が、開始を遅らすといえば、代替手段にて会場に向かう。
     3) 学校側が 時刻どおり来なかったら無効! と頑なに言い切って聞かない
        場合、そこで初めて 警察へ泣き付く。

     こんなプロセスであって然るべきですね。 中学生ならいざ知らず、大学受験生ならぱ、この程度はやって欲しいものです。 

     今回のケースでは、警察が対応するのはやめて欲しかったです。 自分の当然の権利を行使する前に、安易にパトカーを使っても良い という前例を作ってしまいました。

     遅れそう! というタイミングも微妙です。 例えば、もともとギリギリで開始10分前に着くバスに乗っていた場合はどうなんでしょうか。  多小のトラブルがあっても大丈夫なように普通は かなり余裕を見たスケジュールを組みますが、ギリギリのバスに乗って、事故で少し遅れたぐらいでパトカーを呼ぶ輩が出てきそうです。 

     本人がアホだった場合は 美談 で済みますが、今回のケースでは 社会現象につながる恐れがあります。

     もう大々的に報道されてしまったので、仕方ないですが、日本の社会全体の「おかしな権利ばかりを主張する風潮」をますます助長することになってしまうような気がしてなりません。

     こんな小さなことに目くじらたてなくても。。。。 とも思いますが、こんな小さなことでも、報道されてしまえば立派な社会現象のきっかけになってしまいますから。。。
[PR]

by mono_rain | 2005-02-08 18:39 | その他  

パスワード管理の難しさ

 スパイウェア騒動で、いろいろなネット防犯サイトを閲覧していて、

 今の自分のパスワード管理って非常に危ないな! と思いました。

 もちろん、生年月日などの数字は使っていないし、それなりにわからない数字を使っているので、大丈夫と思っていたのですが、スキミングやキーロガーなどでばれてしまうと非常に困ったことになります。 

 パスワードは、サーバのログインパスワードやらなんやらでインターネットだけで10数種類持っていますが、全部似たような番号を使っているので、ひとつやられると一網打尽っぽい感じでやられてしまうかもしれないということを改めて認識しました。

 とりあえず、今週中に全部変えてしまおうと思いますが、

 変えたら変えたで、どうやって憶えるのか?という難問が待ち受けています。

 まぁ、知られても金銭的に問題のないものと、金銭的な被害が生じるかもしれないものと分けて考えるのかなぁ。。。

  自分のパスワードが危ないことをインターネットで晒しているというある意味かなりアホな私ですが、今週末にはカンペキな対応となっていますので あしからず。 
[PR]

by mono_rain | 2005-02-08 12:55 | その他