2004年 11月 25日 ( 1 )

 

盲目・自閉症8歳少年の弾き語り

 昨日、TVで記憶力というテーマでいろんな人にスポットをあてた番組を放映していました。

 その中に、米国の少年、盲目で自閉症だけど音楽に関する記憶力抜群、の話がありました。 どれだけ記憶力がすごいのかを試すために、去年日本でヒットした「さくら」を2回だけ彼に聴かせて、1週間後に、弾き語りをしてもらいました。

 すると、CASIOの76鍵のカシオトーンを使って、歌詞もそっくりそのままで、弾き語りするではありませんか。 一緒に見ていた妻や子供は、その記憶力に驚いていましたが、私は、その歌とピアノ伴奏のノリの凄さにびっくりしてしまいました。 とても、感動的な歌でした。 思わず「スティービーワンダーじゃん!」って叫んでいました。

 自閉症で、盲目で、余計なことを考えず、ただただ音楽の美しさ、楽しさについてのみ頭をフル回転すると こんなに素晴らしい音楽になるのか。。。。 

 自分の浅薄な音楽への思いとか、打算に満ちた曲造りとか、もしかしたら、今の自分は、無駄なことをやっているのかもしれない。。という気持ちにもなりました。

 とにかく、久々に良い番組をみた気がします。 
[PR]

by Mono_Rain | 2004-11-25 22:15 | その他